人気ブログランキング |

市原市リフォーム店の社長日記・・・日日是好日

egaosintex.exblog.jp
ブログトップ
2010年 08月 20日

窓の鍵(クレセント)交換~部品帳に載っていない部品もありました。



窓の真ん中ぐらいに付いていて回して上げると窓が開かなくなり、反対に回して下げると窓を開けることができ鍵をクレセントと呼んでいますが、今回は鍵と表現いたします。


先日お客様へお伺いしたとき、サッシ屋さんが忙しいらしくなかなか来てくれないとの事。
サッシ屋さんへ何をお願いしたいのか聞くと、
『窓の鍵が壊れて無用心なので直して欲しいのよ』とのことでした。

d0165368_7394988.jpg


窓の鍵ぐらいであれば何度も取り替えたことがあるので『私でよければ・・・』とついでに見ることに。

なるほど、鍵が壊れて掛からない状態です。
サッシメーカーを見るとトーヨーサッシ、今のトステムという会社の以前の名前です。
『こりゃ~ずい分古いな~』
『でも、大丈夫ですよ!この会社の部品帳持っていますから調べたら分かりますよ』

部品帳をみると今から30年前の商品です。もう鍵は製造中止で代替品になっていました。代替品の鍵を注文しても良かったのですが入荷するまで時間がかかるので、取り合えず近場で在庫を置いている取引先を見てみることにしました。

壊れた鍵も一緒に持ち込み色々確認していると、何と全く同じ鍵があるではないですか!
私自身もビックリして何度も確認しましたが本当です。

d0165368_7432030.jpg


早速、鍵を仕入れて取替え完了です。
お客様も大変喜ばれました。

窓の鍵取替えという小さなことですが仕事しての手間は結構かかります。部品の各種寸法、製造年月日など色々確認して、取替え鍵部品を特定し発注、部品を受け取りに行って、部品の取替え工事、するので実は皆さんが思っているより大変なのです。


市原でリフォームの見積・価格・費用のことならリニューアル工房シンテックス


# by egao-s | 2010-08-20 07:43 | リフォーム | Comments(0)
2010年 08月 19日

棟瓦をビス止めして完成です。



棟金具に桟木(さんぎ)を取り付け、両脇をきれいに仕上げました。
これに棟瓦を載せて元のように戻します。

d0165368_5352646.jpg


瓦1枚ずつビス穴をドリルで開けます。

d0165368_5361316.jpg


ビスを桟木へ止めて棟瓦を固定しますが、ビス穴から水が入らないようにゴムパッキン付です。

d0165368_5365232.jpg


瓦1枚ずつ全てビス止めしました。

d0165368_5372884.jpg


積み替えした棟の完成です。
きれいな仕上がりですね。

d0165368_538538.jpg


d0165368_5384539.jpg


全棟の積み替え工事に2日間かかりました。


市原でリフォームの見積・価格・費用のことならリニューアル工房シンテックス


# by egao-s | 2010-08-19 05:40 | リフォーム | Comments(0)
2010年 08月 18日

棟金具と桟木でがっちり固定するから強いんです。



毎日、猛暑が続きますね。
熱中症で倒れる方が多いのでみなさん注意が必要ですよ!
水分補給しながら無理をしなようにしてくださいね。


さて、昨日の続きです。
棟瓦は強化棟という方法で復旧していきます。

棟の土を取り除いた後に、商品名『なんばん』というシックイより防水性、耐久性があり、乾燥するととても堅固になるものを瓦の中まで詰め込みます。

d0165368_6252248.jpg


棟瓦はネジで棟瓦の下にある桟木(さんぎ)に固定します。桟木(さんぎ)を固定する金具を棟金具といい、『なんばん』を敷き詰めた棟に沿って打ち込んでいき、さらに『なんばん』を盛っていきます。

d0165368_6261114.jpg



d0165368_62730100.jpg


この棟金具に桟木(さんぎ)を取り付けます。

d0165368_628326.jpg


桟木(さんぎ)を取り付けしたら、棟瓦を載せたときにきれいに見えるように両脇をきれいに仕上げていきます。

d0165368_6284015.jpg


明日はいよいよ工事完成です。


市原でリフォームの見積・価格・費用のことならリニューアル工房シンテックス


# by egao-s | 2010-08-18 06:30 | リフォーム | Comments(0)
2010年 08月 17日

工事開始です。まずは、ずれている瓦を剥がしていきます。



ずれている瓦は2階、1階の屋根全ての棟です。
2階から作業するのでハシゴを掛けました。

d0165368_5284577.jpg


棟瓦を取り外していきます。

d0165368_5292397.jpg


瓦の下は土を盛った上に瓦を釘留める板を載せています。

d0165368_530225.jpg


これらを全て取り除きます。

d0165368_5304054.jpg


このように棟瓦の下は土が盛ってあり、雨風の当たる箇所をシックイで保護しています。年数が経ちシックイが壊れると土も崩れ、上に載っている瓦もずれることになります。また、土自体が乾燥して縮んだ場合でも瓦と土の間に空洞ができてしまい、結局は瓦がずれる原因になります。

今回は、同じように土を盛るのではなく強化棟という方法で取り付けを行います。


市原でリフォームの見積・価格・費用のことならリニューアル工房シンテックス


# by egao-s | 2010-08-17 05:31 | リフォーム | Comments(0)
2010年 08月 16日

以前から瓦のずれが気になっていたが・・・・・。



お客様は瓦のずれが気になっていました。
というのも、訪問販売者が来て『瓦がずれていますよ。すぐ直さないと雨漏りする』
と何度も言われて、気になっていたからです。

当社へのご依頼があったので確認してみると、
棟の部分がずれていました。

d0165368_6244869.jpg


d0165368_6251730.jpg


棟以外の部分には問題ありませんでした。

棟の部分は土を盛ってその上に瓦を載せてあるため、長い間に土が壊れて無くなる。乾燥して縮む。などして下の土が変形すると上に載ってある瓦も変形することが、今回の原因ではないかと思います。

そこで、棟部分の積みなおしをすることになりました。


市原でリフォームの見積・価格・費用のことならリニューアル工房シンテックス


# by egao-s | 2010-08-16 06:26 | リフォーム | Comments(0)