市原市リフォーム店の社長日記・・・日日是好日

egaosintex.exblog.jp
ブログトップ
2018年 11月 22日

和室リフォーム ~ リフォームの動機ですが。

和室をリフォームしたいと思う理由は様々ですが、今回のお客様は



 ・塗り壁がポロポロと落ちてくる。

 ・部屋の雰囲気が暗い。

 ・障子を不便に感じている。

 ・畳が傷んできている(日焼けしている)。

 ・押入が使いづらい。



といったことから、以下のようにすることにしました。



 ・壁のクロス貼り。

・畳をフローリングへ取替え。

・押しれをクローゼットへ取替え。

・襖と戸襖をドアへ取り替え。

・障子をカーテンへ取替え。

にすることにしました。




2
階の和室2部屋をリフォームすることになりました。



2部屋続きの和室は襖で仕切られています。畳も古くなって傷みも目立ち始めました。

d0165368_03062668.jpg


押入の天袋は使用しづらい箇所の一つです。

d0165368_03063999.jpg


もう一部屋も同じような造りです。

d0165368_03065378.jpg


塗り壁がポロポロ落ちてきています。

d0165368_03070261.jpg


押入の下奥にしまった物は意外と取りづらいですよね。

d0165368_03071691.jpg



それでは、また。


こちらのホームページには他の工事例をまとめてあります。

ホームページからも問い合わせできますよ。
市原でリフォームの見積・価格・費用のことならリニューアル工房シンテックス


リフォームのワンポイントアドバイスなら
リフォーム専門店 リニューアル工房 シンテックス 


直接メールでのお問い合わせは
taka4912@snow.plala.or.jp

電話、FAXでのお問い合わせは
TEL 0436-66-8737
FAX 0436-66-8690 (24時間受け付け)



私たちは微力ですが東日本大震災に遭われた方々を継続して応援していきます。

被災者の皆さん頑張れ! 世界が応援しています。 

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 市原情報へ

# by egao-s | 2018-11-22 09:03 | 住まい | Comments(0)
2018年 11月 14日

キッチンリフォーム ~ キチン取替え終了です。

木目調で落ち着きのある新しいキッチンですが、両サイド、正面、窓回りを全てキッチンパネルを貼り、清潔感と明るさそして掃除しやさも実現しました。


またガスコンロとシンクの間(調理作業場所)を広くすることで、以前より効率よく調理が行えるようにもしました。

d0165368_06270472.jpg



ガスコンロは
3口で全て安全センサーです。(今では標準装備ですが)ガラストップは熱に強く、焦げ付きなども簡単に落とせることがイイデス。

d0165368_06271887.jpg

ガスコンロの三角形にあるバーナーですが手前の2つは、両方とも同じ機能を持つコンロにしました。どちらでも天ぷらの揚げ物温度キープができ、ご飯炊きや湯沸かしの自動機能なども付いています。

d0165368_06273154.jpg



レンジフードはお客様から評判のよい機種で、掃除がしやすく、掃除が簡単、吸引力が強いタイプです。

d0165368_06274683.jpg



今まで有効活用できなかった吊り戸棚を、内部が下に引き降ろせるタイプにしました。ここには調味料、キッチンペーパー、乾物食材、よく使う食器・・・などを入れると、直ぐに取り出せて家事の負担も少なくなりますよね。

d0165368_06280573.jpg



シンクは内側と排水口フタなどを特殊コーティングし、傷にと汚れ落ちに強くしました。また洗う時の水はね音を抑え静かなシンクでもあります。洗うときの水ハネや食器のコスレルガチャガチャ音などで会話やテレビが聞こえないときもありますよね。

d0165368_06281759.jpg

完成後は、お客様もご家族の皆様もお喜びでした。本当によかったです。


今回の工事は、

 ・工事場所:千葉県市原市

 ・工事期間:約120万円

 ・概略費用:4日間

でした。




それでは、また。


こちらのホームページには他の工事例をまとめてあります。

ホームページからも問い合わせできますよ。
市原でリフォームの見積・価格・費用のことならリニューアル工房シンテックス


リフォームのワンポイントアドバイスなら
リフォーム専門店 リニューアル工房 シンテックス 


直接メールでのお問い合わせは
taka4912@snow.plala.or.jp

電話、FAXでのお問い合わせは
TEL 0436-66-8737
FAX 0436-66-8690 (24時間受け付け)



私たちは微力ですが東日本大震災に遭われた方々を継続して応援していきます。

被災者の皆さん頑張れ! 世界が応援しています。 

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 市原情報へ

# by egao-s | 2018-11-14 09:24 | 住まい | Comments(0)
2018年 11月 13日

キッチンリフォーム ~ キチン本体取付

キッチンのシンク(洗い場所)は、たくさんの食器や調理道具を洗う場所で、とても酷使される箇所の一つです。食材が扱われると共に、残り物や調理の残材なども一時的にストックされます。


例えば調理油、食べ物の汁やカス、飲み物の余り、食べれなくなって捨てる物、洗剤・・・・などたくさんの食材や洗剤などが扱われ、それに使用した水道水やカス、汚れがシンクの排水口を通り下水と流れて行きます。


今回はこんなに酷使されるシンクを清潔に保ちたいということから、シンク内を特殊コーティングし傷や臭いなども軽減するタイプにしました。



さて、工事の続きです。


キッチン本体は左のガスコンロ台、真ん中の収納、右端のシンクというパーツの順で並べ組み立てます。

d0165368_03044670.jpg

ステンレス製の天板を乗せ、ガスコンをセットしていきます。

d0165368_03050409.jpg

シンクの水栓を取付、収納棚を取付けて行きました。残っているガス配管の接続をしています。

d0165368_03051457.jpg

取付後はキッチン本体と壁回りのキッチンパネルとの隙間を無くすシーリングをしていきます。

d0165368_03052570.jpg




それでは、また。


こちらのホームページには他の工事例をまとめてあります。

ホームページからも問い合わせできますよ。
市原でリフォームの見積・価格・費用のことならリニューアル工房シンテックス


リフォームのワンポイントアドバイスなら
リフォーム専門店 リニューアル工房 シンテックス 


直接メールでのお問い合わせは
taka4912@snow.plala.or.jp

電話、FAXでのお問い合わせは
TEL 0436-66-8737
FAX 0436-66-8690 (24時間受け付け)



私たちは微力ですが東日本大震災に遭われた方々を継続して応援していきます。

被災者の皆さん頑張れ! 世界が応援しています。 

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 市原情報へ

# by egao-s | 2018-11-13 09:02 | 住まい | Comments(0)
2018年 11月 12日

キッチンリフォーム ~ レンジフード、吊り戸棚取付

吊り戸棚は高い位置にあるため、収納物の出し入れには脚立などを必要とする場合が殆どです。また、重量のある物は出し入れの作業自体や、地震などで棚から落下も危険です。



出し入れが面倒だと、ついつい入れっぱなしになり、何を入れたか忘れてしまうことがあります。キッチンリフォームでも皆さんが使い難いと思う箇所の一つです。


今回はそんな、吊り戸棚を有効活用したいというお客様のご希望で、棚の内部を手で引いて降ろすことが可能なタイプにしました。保管場所の吊り戸棚で無くキッチンの作業で活用する収納棚です。



さて、工事の続きです。


新しいレンジフードに合せてダクトとウエザーカバーは取り替えておき、その後にレンジフードを取付けて行きます。

d0165368_06112234.jpg


レンジフードの横には吊り戸棚を二つ取付けて行きます。吊り戸棚には照明が付いているため、予め電気配線をしておきました。

d0165368_06113677.jpg


二つの吊り戸棚はどちらも、内部の収納棚を下に降ろして使用するタイプなので、内部の稼働棚を取付けて行きます。

d0165368_06115134.jpg


レンジフードにアルミダクトを接続し幕板を取付、吊り戸棚の内部を組立て後に扉を取付けて上部の完成です。表面に貼ってあるビニールの保護材は最後に剥がします。

d0165368_06120692.jpg




それでは、また。


こちらのホームページには他の工事例をまとめてあります。

ホームページからも問い合わせできますよ。
市原でリフォームの見積・価格・費用のことならリニューアル工房シンテックス


リフォームのワンポイントアドバイスなら
リフォーム専門店 リニューアル工房 シンテックス 


直接メールでのお問い合わせは
taka4912@snow.plala.or.jp

電話、FAXでのお問い合わせは
TEL 0436-66-8737
FAX 0436-66-8690 (24時間受け付け)



私たちは微力ですが東日本大震災に遭われた方々を継続して応援していきます。

被災者の皆さん頑張れ! 世界が応援しています。 

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 市原情報へ

# by egao-s | 2018-11-12 09:09 | 住まい | Comments(0)
2018年 11月 09日

キッチンリフォーム ~ 古いキッチンの取外し。

最近、キッチン下の収納は「引き出しタイプ」が主流です。理由は「使いやすい」からです。


机の引き出しは、引き出せるから奥にしまった物も簡単に取り出せますが、もし開き扉で奥にしまったら、取り出すのが嫌になります。極端な例ですが。


収納量でいえば「開き扉タイプ」の方がありますが、奥にしまった物を取り出す不便や忘れて置きっ放しになるよりは、多少収納スペースが少なくても効率よく使える方がよいということが、「引き出したイプ」が選ばれる理由だと思います。



使用し難い収納スペースを見直すことで、収納量や効率をアップできるかもしれませんよ。



さて、工事開始です。

ガスコンロを取外し、シンク下でキッチン本体を固定しているネジなど取り外して行きます。

d0165368_06433877.jpg

取り外したキッチン本体を運び出していきます。吊り戸棚も同様に取り外して行きます。

d0165368_06434944.jpg

水道、給湯、排水、ガス配管を新しいシステムキッチンに合せて変更。レンジフードや照明器具に合わせた電気配線。新しい吊り戸棚に合わせた壁補強など行った後にキッチンパネルを貼って行きました。

d0165368_06440370.jpg



それでは、また。


こちらのホームページには他の工事例をまとめてあります。

ホームページからも問い合わせできますよ。
市原でリフォームの見積・価格・費用のことならリニューアル工房シンテックス


リフォームのワンポイントアドバイスなら
リフォーム専門店 リニューアル工房 シンテックス 


直接メールでのお問い合わせは
taka4912@snow.plala.or.jp

電話、FAXでのお問い合わせは
TEL 0436-66-8737
FAX 0436-66-8690 (24時間受け付け)



私たちは微力ですが東日本大震災に遭われた方々を継続して応援していきます。

被災者の皆さん頑張れ! 世界が応援しています。 

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 市原情報へ

# by egao-s | 2018-11-09 09:37 | 住まい | Comments(0)