人気ブログランキング |

市原市リフォーム店の社長日記・・・日日是好日

egaosintex.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2019年 05月 20日

洗面所床の腐食補修 ~ クッションフロア張り

今回で工事終了となります。



床の補修箇所にパテを入れて凹凸を無くしていきます。

d0165368_04073161.jpg

残りの古いクッションフロアを剥がし、パテが乾いたらクッションフロアを張る接着剤を床に塗布していきます。

d0165368_04074563.jpg

回りの形状に合わせて余分なクッションフロアを切りながら張り付けていきます。

d0165368_04075403.jpg

残りの分も同様に接着剤を塗布していきます。

d0165368_04080347.jpg

洗面台の形状に合わせて余分なクッションフロアを切りながら張り付けていきます。

d0165368_04081188.jpg


クッションフロアを張り終えました。

d0165368_04082487.jpg


今回補修した浴室ドアの下枠は濡れる箇所なので、樹脂材で覆い水が浸透しないように加工しました。

d0165368_04083375.jpg



腐食箇所の被害も少なく、浴室ドア下の防水対応もできたことからお客様も安心したご様子でした。


今回の工事は、

 ・工事場所:千葉県市原市

 ・工事期間:1

 ・概略費用:約7万円


でした。



それでは、また。


こちらのホームページには他の工事例をまとめてあります。

ホームページからも問い合わせできますよ。
市原でリフォームの見積・価格・費用のことならリニューアル工房シンテックス


リフォームのワンポイントアドバイスなら
リフォーム専門店 リニューアル工房 シンテックス 


直接メールでのお問い合わせは
taka4912@snow.plala.or.jp

電話、FAXでのお問い合わせは
TEL 0436-66-8737
FAX 0436-66-8690 (24時間受け付け)



私たちは微力ですが東日本大震災に遭われた方々を継続して応援していきます。

被災者の皆さん頑張れ! 世界が応援しています。 

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 市原情報へ

by egao-s | 2019-05-20 09:05 | 住まい | Comments(0)
2019年 05月 19日

洗面所床の腐食補修 ~ 床復旧

キッチン、洗面所、トイレ、浴室などの水回りは水漏れによる腐食とシロアリ被害が多くある場所です。


今回は、早めの対応だったので被害も少なく済みましたが、ひどい場合は腐食箇所やシロアリ被害が広範囲になり、大がかりな工事になるケースもあります。



水漏れが気になった場合は、そのまま放置せず早めの対応をお願いいたします。



さて、工事の続きです。




2
重になっている床板を張り復旧していきます。

d0165368_06333833.jpg

浴室ドアの下枠(敷居)を入れていきます。

d0165368_06334821.jpg

ドア枠のビスで固定し更にボンドで接着しています。接着剤が固まるまで釘で固定しておきます。補修後は、クッションフロアの張替に入ります。

d0165368_06335745.jpg



それでは、また。


こちらのホームページには他の工事例をまとめてあります。

ホームページからも問い合わせできますよ。
市原でリフォームの見積・価格・費用のことならリニューアル工房シンテックス


リフォームのワンポイントアドバイスなら
リフォーム専門店 リニューアル工房 シンテックス 


直接メールでのお問い合わせは
taka4912@snow.plala.or.jp

電話、FAXでのお問い合わせは
TEL 0436-66-8737
FAX 0436-66-8690 (24時間受け付け)



私たちは微力ですが東日本大震災に遭われた方々を継続して応援していきます。

被災者の皆さん頑張れ! 世界が応援しています。 

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 市原情報へ

by egao-s | 2019-05-19 09:00 | 住まい | Comments(0)
2019年 05月 18日

洗面所床の腐食補修 ~ 浴室ドア下が腐食


洗面所と浴室が隣り合わせという場合が多いので、浴室から濡れた体で洗面所へ出てくることになります。


バスマットなど敷いて床が濡れないようにしますが、それでも浴室ドア回りは水に濡れやすい箇所で、比較的ドアの下枠回りが腐食されるやすくなります。最近ではユニットバスや樹脂製のドア枠を使用するため水による腐食に強くなってきています。





今回のお客様宅はタイル張り浴室で、ドアした枠の腐食がありました。そこで部分的に補修を行う事にしました。



ドアの下枠部分を樹脂材で覆い水濡れ加工してありますが、隙間から水が入り腐食して床クッションフロアが部分的変色しています。

d0165368_16562627.jpg


下枠を取外し床も部分的に切り抜き、状態を確認します。

d0165368_16564135.jpg

取り外した下枠は濡れていて腐食していました。

d0165368_16565042.jpg

床はベニア板の2重張りになっていたため、下のベニア板も切っていきます。

d0165368_16570891.jpg

ドア下の土台と根太は濡れており、根太だけが少し腐食している程度で殆ど問題が無い状況でした。念のために根太の下に補強材を入れて復旧することにしました。

d0165368_16572702.jpg


それでは、また。


こちらのホームページには他の工事例をまとめてあります。

ホームページからも問い合わせできますよ。
市原でリフォームの見積・価格・費用のことならリニューアル工房シンテックス


リフォームのワンポイントアドバイスなら
リフォーム専門店 リニューアル工房 シンテックス 


直接メールでのお問い合わせは
taka4912@snow.plala.or.jp

電話、FAXでのお問い合わせは
TEL 0436-66-8737
FAX 0436-66-8690 (24時間受け付け)



私たちは微力ですが東日本大震災に遭われた方々を継続して応援していきます。

被災者の皆さん頑張れ! 世界が応援しています。 

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 市原情報へ

by egao-s | 2019-05-18 16:59 | 住まい | Comments(0)