市原市リフォーム店の社長日記・・・日日是好日

egaosintex.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2018年 10月 31日

フェンス工事 ~ 撤去。

道路より高い敷地の土留めに大谷石を使用しているのを、古い住宅地によく見かけます。



大谷石の笠木はモルタルなどで接着しているだけなので強度は有りません。その上にブロックを積みフェンスを立てている方もいますが、鉄筋も入っていなく強度が弱いため台風などの被害には弱い構造です。


今回の倒れたフェンスは大谷石の内側に基礎を入れて立てありますが、そのフェンスが倒れたということは、設計以上の強風に煽られた可能性があります。


高台にある土留めの大谷石自体、強度があまり無いので、敷地側にコンクリート基礎を造りその上にフェンスを立てる事にしました。



さて、工事開始です。




工事範囲の芝生を剥がして行きます。

d0165368_04075502.jpg


不要なブロックなど取り外して行きます。

d0165368_04080669.jpg


フェンス用の基礎を造るために掘削して行きます。


d0165368_04083106.jpg

大雨での水圧を少しでも減らす用に、雨水破水配管を新しくし更に雨水マスを取付ける為に配管工事もしました。

d0165368_04084438.jpg



それでは、また。


こちらのホームページには他の工事例をまとめてあります。

ホームページからも問い合わせできますよ。
市原でリフォームの見積・価格・費用のことならリニューアル工房シンテックス


リフォームのワンポイントアドバイスなら
リフォーム専門店 リニューアル工房 シンテックス 


直接メールでのお問い合わせは
taka4912@snow.plala.or.jp

電話、FAXでのお問い合わせは
TEL 0436-66-8737
FAX 0436-66-8690 (24時間受け付け)



私たちは微力ですが東日本大震災に遭われた方々を継続して応援していきます。

被災者の皆さん頑張れ! 世界が応援しています。 

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 市原情報へ

by egao-s | 2018-10-31 09:05 | 住まい | Comments(0)
2018年 10月 30日

フェンス工事 ~ 台風で倒れてしまいました。

年々、台風・竜巻・強風・豪雨・地震などの自然災害が増え、規模も大きくなっているような気がしています。自然の大きな力に、いかに人間の力が及ばないか痛感します。


10月の強い台風が過ぎた翌日に、たくさんの依頼や問い合わせがありました。件数も多く手に終えない分はお断りさせていただきました。




ご依頼のお客様フェンスは、回りからの視線をある程度遮蔽するように隙間が少なく、高さがあるタイプでした。

d0165368_15574622.jpg

今回台風で道路と隣家に面するフェンスが倒れてしまいました。

朝、連絡を頂き直ぐに駆けつけ、倒れたフェンス片付けと状況確認致しました。

d0165368_15580579.jpg

ブロックまで壊してフェンスが倒れた跡です。隣家へ崩れてご迷惑をお掛けしたブロックも片付けました。

d0165368_15582506.jpg

道路側のブロックも傾き、落ちそうになっています。

d0165368_15585654.jpg

お客様と工事方法を打ち合わせしてから、数日後に工事に入りました。



それでは、また。


こちらのホームページには他の工事例をまとめてあります。

ホームページからも問い合わせできますよ。
市原でリフォームの見積・価格・費用のことならリニューアル工房シンテックス


リフォームのワンポイントアドバイスなら
リフォーム専門店 リニューアル工房 シンテックス 


直接メールでのお問い合わせは
taka4912@snow.plala.or.jp

電話、FAXでのお問い合わせは
TEL 0436-66-8737
FAX 0436-66-8690 (24時間受け付け)



私たちは微力ですが東日本大震災に遭われた方々を継続して応援していきます。

被災者の皆さん頑張れ! 世界が応援しています。 

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 市原情報へ

by egao-s | 2018-10-30 16:01 | 住まい | Comments(0)
2018年 10月 15日

ご家庭に合ったキッチン ~ 工事終了です。

取り替えたシステムキッチンです。

d0165368_03103306.jpg


ガスコンロは汚れに強いガラストップでシルバー色にし、明るい雰囲気になりました。

d0165368_03104730.jpg

汚れやすいレンジフードは手の届く範囲で簡単に掃除ができ、吸引力も強いシロッコファンタイプです。

d0165368_03105878.jpg

高い位置にある吊り戸棚は収納の出し入れが大変で、有効活用がされにくい箇所です。そこで今回は吊り戸棚の内部を真下に引き下げるタイプと、扉を開けて内部を引き下げるタイプの2種類取付けました。目の前まで棚が下りてくるので出し入れが楽にできるようになりました。

d0165368_03111614.jpg



シンク幅は
82cmと大きめのサイズにして網のプレートを取付、洗い物などの水切りが可能にしました。

d0165368_03113300.jpg



5人分・37点の洗浄が可能な食洗機を取付けました。洗い物にかかっている時間が少なくなり食後にゆとりが生まれます。

d0165368_03114884.jpg



実用性を考えシンク前の引き出し部分にタオル掛けを
2つ取付けました。

d0165368_03115800.jpg



実際に食器や調理器具など置き、冷蔵庫や食器棚を配置してみると、とても明るく清潔感のあるDKとなりました。

d0165368_03121284.jpg


今回の工事は、

 ・工事場所:千葉県木更津市

 ・工事期間:7日間

 ・概略費用:約180万円

でした。



それでは、また。


こちらのホームページには他の工事例をまとめてあります。

ホームページからも問い合わせできますよ。
市原でリフォームの見積・価格・費用のことならリニューアル工房シンテックス


リフォームのワンポイントアドバイスなら
リフォーム専門店 リニューアル工房 シンテックス 


直接メールでのお問い合わせは
taka4912@snow.plala.or.jp

電話、FAXでのお問い合わせは
TEL 0436-66-8737
FAX 0436-66-8690 (24時間受け付け)



私たちは微力ですが東日本大震災に遭われた方々を継続して応援していきます。

被災者の皆さん頑張れ! 世界が応援しています。 

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 市原情報へ

by egao-s | 2018-10-15 09:08 | 住まい | Comments(0)
2018年 10月 11日

ご家庭に合ったキッチン ~ 室内ドア張替。

長年使用してるドアも、閉まらなくなった。閉めても隙間が出ている。鍵が壊れた。ドアノブが壊れた。ぶつけて穴が開いた。表面が剥がれてきた。ガラスを割ってしまった。・・・・といった悩みが出てきます。



そんな時は、お好きなデザイン造り直す事ができます。



さて、工事の続きです。



予め測定したサイズでドアを作成してきました。取付場所に合わせて高さを詰めていきます。

d0165368_15000923.jpg


ドアを閉めたときに隙間がでないように削り合せていきます。

d0165368_15002274.jpg


実際に取付けて状況を確認し、隙間がでたら再度削りながら調整していきます。

d0165368_15003695.jpg


ドアの削り合わせが終わり納まり具合も良ければ、木口に面材と同じ木目テープを貼って行きます。

d0165368_15005260.jpg


テープの切口を紙やすりなどで仕上げれば完成です。

d0165368_15010198.jpg


3
枚のドア、取替え終了です。

お客様が選んだディザインと面材が回りとマッチしてとても素敵な仕上がりになりました。

d0165368_15011297.jpg




それでは、また。


こちらのホームページには他の工事例をまとめてあります。

ホームページからも問い合わせできますよ。
市原でリフォームの見積・価格・費用のことならリニューアル工房シンテックス


リフォームのワンポイントアドバイスなら
リフォーム専門店 リニューアル工房 シンテックス 


直接メールでのお問い合わせは
taka4912@snow.plala.or.jp

電話、FAXでのお問い合わせは
TEL 0436-66-8737
FAX 0436-66-8690 (24時間受け付け)



私たちは微力ですが東日本大震災に遭われた方々を継続して応援していきます。

被災者の皆さん頑張れ! 世界が応援しています。 

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 市原情報へ

by egao-s | 2018-10-11 15:04 | 住まい | Comments(0)
2018年 10月 09日

ご家庭に合ったキッチン ~ クロス張替

張替のクロス選びは天井や壁の下地の状況を考慮する必要があります。


住宅も年数が経つと天井や壁の歪み、凹凸が出てきます。このような場合に厚手の種類を選定することで、ある程度カーバーしてくれ仕上がりもきれいになります。


クロスサンプルのリフォーム用の中でも生地の薄いタイプもありますので、迷った時には経験豊富な営業の方や職人さんなどにお勧め品を聞くのも一案です。



さて、工事の続きです。


キッチンに近いクロスは劣化が進んでおり、なかなか剥がれないのでスクレパーで削りながら剥がして行きました。

d0165368_15494757.jpg

室内全体のクロスを剥がし終わったら天井クロスから張り始めました。

d0165368_15500874.jpg

天井が張り終わったら、家具を移動しながら壁クロスを張っていきます。

d0165368_15503092.jpg

最後の一枚を張ってクロス工事が終了となりました。

d0165368_15504258.jpg




それでは、また。


こちらのホームページには他の工事例をまとめてあります。

ホームページからも問い合わせできますよ。
市原でリフォームの見積・価格・費用のことならリニューアル工房シンテックス


リフォームのワンポイントアドバイスなら
リフォーム専門店 リニューアル工房 シンテックス 


直接メールでのお問い合わせは
taka4912@snow.plala.or.jp

電話、FAXでのお問い合わせは
TEL 0436-66-8737
FAX 0436-66-8690 (24時間受け付け)



私たちは微力ですが東日本大震災に遭われた方々を継続して応援していきます。

被災者の皆さん頑張れ! 世界が応援しています。 

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 市原情報へ

by egao-s | 2018-10-09 15:51 | 住まい | Comments(0)
2018年 10月 07日

ご家庭に合ったキッチン ~ キッチン取付

今回使用する吊り戸棚は内部の棚を上げ下げできるハンドムーブタイプにしたため、通常より吊り戸棚に力が掛かる事やキッチン本体自体も重量が増すことから取る付ける壁全体を補強することにしました。




さて、工事の続きです。




キッチン回りの壁を補強するために新たに貼る構造用合板を加工していきます。

d0165368_08270116.jpg


キッチンの正面全てに構造用合板を貼って行きます。

d0165368_08271676.jpg


次にキッチン回りに不燃材のパネルを貼って行きます。パネルは両面テープと専用のボンドを使用して貼付けていきます。

d0165368_08273608.jpg


窓回りなどの細かい部分も全てパネル張りしていきます。

d0165368_08274829.jpg


パネルを貼り終えたら、上部のレンジフードと吊り戸棚を取付けて行きます。

d0165368_08280396.jpg


吊り戸棚の扉、棚な照明どの細かい部分は後で行い。下部のキッチン本体を取付け、作業を進めて行きます。

d0165368_08283227.jpg


ステンレス製の天板を載せたらガスコンロのガス配管、水栓の給水・給湯や排水配管などを接続していきます。

d0165368_08300183.jpg


最後に食洗機の配管接続をして、工事終了の夕方から使用できるようにしました。

d0165368_08302571.jpg




それでは、また。


こちらのホームページには他の工事例をまとめてあります。

ホームページからも問い合わせできますよ。
市原でリフォームの見積・価格・費用のことならリニューアル工房シンテックス


リフォームのワンポイントアドバイスなら
リフォーム専門店 リニューアル工房 シンテックス 


直接メールでのお問い合わせは
taka4912@snow.plala.or.jp

電話、FAXでのお問い合わせは
TEL 0436-66-8737
FAX 0436-66-8690 (24時間受け付け)



私たちは微力ですが東日本大震災に遭われた方々を継続して応援していきます。

被災者の皆さん頑張れ! 世界が応援しています。 

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 市原情報へ

by egao-s | 2018-10-07 09:23 | 住まい | Comments(0)
2018年 10月 04日

ご家庭に合ったキッチン ~ 床材貼り

床材は豊富なバリエーションがあり耐水性と傷に強いフロアタイルを貼ることにしました。

キッチンを明るくしたいという事からホワイト系の木目調フロアタイルを選びました。




また、キッチンは電子レンジ・湯沸かしポット・炊飯器・オーブン・トースター・・・など結構な電気機器を使う場所でもあり、コンセントの電気容量不足でブレーカーが上がり停電にもなります。



そこで、ブレーカーとコンセントを増やし、キッチンでたくさんの電気機器を使用できるようにもしました。





さて、工事の続きです。



床の形状に合わせて加工したフロタイルを、専用ボンドを塗布した上から貼付けていきます。

d0165368_06492177.jpg



半分ほど貼ったら冷蔵庫と食器棚を移動して残りの半分を貼って行きます。

d0165368_06493563.jpg



ローラーなどでしっかり圧着してほぼ貼り終えました。

d0165368_06494795.jpg



床下収納のフタに貼ってフロアタイル工事が終了となります。

d0165368_06500869.jpg



必要なコンセント箇所から電気配線を天井裏へ通して行きます。

d0165368_06503428.jpg



分電盤の予備ブレーカーへ配線をつなぐための、コンセントからの配線を出しました。今回は
4つ回線を増やし1つは予備としました。

d0165368_06504501.jpg



換気扇からの排気が出る外のウエザーカバーも新たに取替えしました。

d0165368_06510625.jpg



ウエザーカバーとアルミダクトをつないで室内へ出しておきます。後でレンジフード(換気扇)と接続します。

d0165368_06511616.jpg





それでは、また。


こちらのホームページには他の工事例をまとめてあります。

ホームページからも問い合わせできますよ。
市原でリフォームの見積・価格・費用のことならリニューアル工房シンテックス


リフォームのワンポイントアドバイスなら
リフォーム専門店 リニューアル工房 シンテックス 


直接メールでのお問い合わせは
taka4912@snow.plala.or.jp

電話、FAXでのお問い合わせは
TEL 0436-66-8737
FAX 0436-66-8690 (24時間受け付け)



私たちは微力ですが東日本大震災に遭われた方々を継続して応援していきます。

被災者の皆さん頑張れ! 世界が応援しています。 

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 市原情報へ

by egao-s | 2018-10-04 09:00 | 住まい | Comments(0)
2018年 10月 02日

ご家庭に合ったキッチン~古いキッチン取外し

今回はキッチンのみの取替えに比べ床工事がありキッチン使用開始まで1日延びてしまいましたが、事前にお客様と工事内容や工事方法をその分十分打ち合わせしてから工事に入りました。


工事範囲や内容により、工事日程が変わりますよ。




さて、工事開始です。



古いキッチン取外しから始めます。ガスコンロと置台を取外し、キッチン本体を取り外しています。

d0165368_05130744.jpg


換気扇と吊り戸棚も取外し、水道・給湯・ガス配管工事用に壁を取り外していきます。

d0165368_05134991.jpg

取り外したキッチンなどは庭に一時仮置し、その後運び出しました。

d0165368_05141687.jpg

キッチンにある不要のガスコンセント用の配管を無くし、新しいガスコンロ用の配管にしました。

d0165368_05150782.jpg

シンク用の給水・給湯、排水配管の他に食洗機用の配管も取付できました。

d0165368_05214997.jpg

古い床下収納は2連(二つ繋がっているタイプ)でしたが、一つタイプへ取り替える事にしました。

d0165368_05151815.jpg

新しい床下収納に合せて床下の根太を入れて行きます。

d0165368_05153297.jpg

仮で古い床板などを入れ、お客様が落ちてケガをしないようにして1日目の工事終了となりました。

d0165368_05154245.jpg




それでは、また。


こちらのホームページには他の工事例をまとめてあります。

ホームページからも問い合わせできますよ。
市原でリフォームの見積・価格・費用のことならリニューアル工房シンテックス


リフォームのワンポイントアドバイスなら
リフォーム専門店 リニューアル工房 シンテックス 


直接メールでのお問い合わせは
taka4912@snow.plala.or.jp

電話、FAXでのお問い合わせは
TEL 0436-66-8737
FAX 0436-66-8690 (24時間受け付け)



私たちは微力ですが東日本大震災に遭われた方々を継続して応援していきます。

被災者の皆さん頑張れ! 世界が応援しています。 

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 市原情報へ

by egao-s | 2018-10-02 09:08 | 住まい | Comments(0)
2018年 10月 01日

ご家庭に合ったキッチン~古くなりました。

キッチンが古くなってくると汚れや傷が目立つ。蛇口や扉が壊れている。食器、鍋、ヤカン、調味料などの収納に困っている。キッチン以外に壁、天井、床の汚れや傷もどうにかしたい。・・・といったたくさんの悩みが出てきます。



では、どういうキッチンが使いやすいのか?といわれても家族構成、キッチンやダイニングキッチンの間取り、生活様式、収納品、家具配置・・・・など、それぞれ異なるため一概にある商品をお勧めしても、その方にベストな商品とは限りません。





今回のお客様は、古くなったキッチンをシステムキッチンへ取り替えたいとのご希望です。


d0165368_04295347.jpg

そこで、お客様のご希望をお伺いすると共に、ご希望に合った材料や工事箇所、キッチンの選定を行いました。


打ち合わせの結果、



 ・システムキッチンへ取替え

 ・床を水や汚れに強いタイプへ

 ・床下収納の取替え

 ・家電用のコンセント増設

 ・エアコン用コンセント増設

 ・壁・天井クロス張替

 ・ガラスドアを木製ドアへ取替え



といった、工事内容になりました。部屋全体を見直すことにより、より使いやすいキッチンへリフォームします。



それでは、また。


こちらのホームページには他の工事例をまとめてあります。

ホームページからも問い合わせできますよ。
市原でリフォームの見積・価格・費用のことならリニューアル工房シンテックス


リフォームのワンポイントアドバイスなら
リフォーム専門店 リニューアル工房 シンテックス 


直接メールでのお問い合わせは
taka4912@snow.plala.or.jp

電話、FAXでのお問い合わせは
TEL 0436-66-8737
FAX 0436-66-8690 (24時間受け付け)



私たちは微力ですが東日本大震災に遭われた方々を継続して応援していきます。

被災者の皆さん頑張れ! 世界が応援しています。 

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 市原情報へ

by egao-s | 2018-10-01 09:27 | 住まい | Comments(0)