市原市リフォーム店の社長日記・・・日日是好日

egaosintex.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 26日

押入の床 ~ 抜けそうなんです。

押入には布団、衣装ケース、座布団・・・・場合によってはストーブ、扇風機など、たくさん収納していることも多く、内部を時々点検する事は余りできません。



なかなか確認できない箇所なので、気がついたときには被害も大きくなっている事がシバシバあります。


以前には押入の床が『抜けてしまったので補修して』ということもありましたが、今回は『床板がブヨブヨしているので補修して』欲しいとのご依頼です。

リビング、廊下、トイレ・・などの人が歩く場所と違い、押入の床板は大抵薄い5.5mmのベニア板を張ってあります。


d0165368_08024748.jpg

床板のみの取替でも可能ですが、この際、床下の確認と根太、根太掛けなども取り替えたいとのご希望でした。解体から始めます。

d0165368_08030031.jpg


床下は湿気もなく、シロアリ被害、回りの腐食もありませんでした。根太掛けから取付です。


d0165368_08051782.jpg


古い根太よりも太いサイズを使用しました。

d0165368_08052834.jpg

押入床下全体に防蟻・防腐剤を散布します。

d0165368_08033019.jpg


以前の5.5mmより厚い12mm
のベニア板を張りました。

d0165368_08033900.jpg


雑巾ズリを回します。


d0165368_08035053.jpg

完成です。見えなくなる床下もしっかり作り厚い床板も使用したことから、お客様もご安心されていました。


d0165368_08040146.jpg
d0165368_08041171.jpg

今回の工事は、

 ・工事場所:千葉県市原市

 ・工事期間:1

 ・概略費用:約4万円

でした。




それでは、また。


こちらのホームページには他の工事例をまとめてあります。

ホームページからも問い合わせできますよ。
市原でリフォームの見積・価格・費用のことならリニューアル工房シンテックス


リフォームのワンポイントアドバイスなら
リフォーム専門店 リニューアル工房 シンテックス 


直接メールでのお問い合わせは
taka4912@snow.plala.or.jp

電話、FAXでのお問い合わせは
TEL 0436-66-8737
FAX 0436-66-8690 (24時間受け付け)



私たちは微力ですが東日本大震災に遭われた方々を継続して応援していきます。

被災者の皆さん頑張れ! 世界が応援しています。 

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 市原情報へ

by egao-s | 2017-07-26 08:59 | リフォーム | Comments(0)


<< 濡れ縁の塗装 ~ 小さな工事で...      水銀灯の修理 ~ 部品取替。 >>