人気ブログランキング |

市原市リフォーム店の社長日記・・・日日是好日

egaosintex.exblog.jp
ブログトップ
2010年 10月 04日

『あの~。屋根裏大丈夫でしょうか?』という相談がありました。



工事後にちょっと変だなと思い依頼した業者さんや職人さんに見てもらいたい、聞きたいことがあるのに、なかなか来てくれない。そんな不安や心配なことありませんか?


■ 始まりは一本の電話から ■
何か困惑した様子で
『もしもし、あの~見ていただきたいものがあるんですけど・・・・・』
『はい、なんでしょう』
『実は・・・・、屋根裏を覗いたら柱にヒビが入っていて、壊れるんじゃないかと不安なんです』

言葉お客様の不安が電話の声から伝わってきます。その後もお話を伺い状況が分かりました。4年ほど前に二階建ての増築をした。屋根裏は将来物置にできるようにしていたので、覗いてみたところ、柱にヒビが入っていたとのことです。それと、増築箇所が傾いているようで、大丈夫か見て欲しいとのことです。

『はい、それでは一度お伺いして確認させていただきます』という当方の言葉に、お客様もちょっと安堵した様子でした。


■ 不安はその他にも ■
『ここなんですけど・・・・』
お客様が指す2階天井の点検口を開けると、確かにヒビが・・・・』

『このヒビは大丈夫ですよ。ヒビが入っているのは小屋梁という屋根を支えている材料の一部ですが、乾燥のため縮んでひび割れしたもので、割れ具合からみても強度的には問題ないでしょう』という当方の言葉に、ホットした様子でした。

その後、工事契約書を確認して『もし、ご心配ならヒビ割れ箇所を補強してもらうといいでしょう。費用は4~5万円程度ではないですか』というアドバイスに笑顔も戻ってきました。

それに床の傾きも問題なさそうでした。他にドアが閉まりにくい。壁の隙間ができたなどの相談を受けましたが、図面と現状を確認したところ簡単な補修で済むことがわかりました。

お客様の工事後のちょっとしたご不安を、なるべく早く解決してあげるのも工事した業者さんや職人さんの仕事だと思うのですがね。



市原でリフォームの見積・価格・費用のことならリニューアル工房シンテックス


by egao-s | 2010-10-04 06:16 | リフォーム | Comments(0)


<< システムキッチンへの取替えはこ...      古くなった浴槽の入れ替えをしま... >>