市原市リフォーム店の社長日記・・・日日是好日

egaosintex.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 13日

浴室リフォーム ~ 土間コンクリートと窓工事

ユニットバス工事前に立ち会うメーカーの人と施工者さんとは異り、そこで行き違いが起きる場合もありますが、計画通り進まない原因は様々です。



浴室工事に限らずリフォームの場合は携わる業者さんが多い、解体範囲が多い、水回りや雨漏りなど腐食・・・といった不確定要素が多いので、必ずそれぞれの工事開始や途中には現場に立ち会い確認をするようにしています。


なので結構、現場にいることが多いです。



さて、工事の続きです。


タイル張り浴室の床を解体して規定の高さでコンクリート打ちをします。これによりユニットバスがきっちり据え付けられます。

d0165368_06543945.jpg

翌日にはコンクリートも固まりユニットバスの施工ができるようになります。

d0165368_06550432.jpg


指定された通りの排水配管、給水・給湯配管、給湯器リモコン配線があります。

d0165368_06551640.jpg


窓は現状より幅を半分にします。

d0165368_06553284.jpg

今回は現状の窓の開口部を利用して大きさが半分の窓と断熱性パネル入れることにしました。これに網戸と格子が付きますが、ユニットバス施工に合わせた形で工事をしています。窓ガラスはもちろん浴室の断熱性に合せて2重ガラスにしてあります。

d0165368_06554784.jpg




それでは、また。


こちらのホームページには他の工事例をまとめてあります。

ホームページからも問い合わせできますよ。
市原でリフォームの見積・価格・費用のことならリニューアル工房シンテックス


リフォームのワンポイントアドバイスなら
リフォーム専門店 リニューアル工房 シンテックス 


直接メールでのお問い合わせは
taka4912@snow.plala.or.jp

電話、FAXでのお問い合わせは
TEL 0436-66-8737
FAX 0436-66-8690 (24時間受け付け)



私たちは微力ですが東日本大震災に遭われた方々を継続して応援していきます。

被災者の皆さん頑張れ! 世界が応援しています。 

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 市原情報へ

# by egao-s | 2017-05-13 09:30 | リフォーム | Comments(0)
2017年 05月 12日

浴室リフォーム ~ 木部工事、水道工事

ユニットバスメーカーの指定した通りの解体、給水・給湯配管、排水配管、窓回り、入口ドア、洗面所床と壁・・・と工事が予定通り進めば良いのですが、



しかし今までの経験から、解体している途中に木部の腐食やシロアリ被害、水道配管が腐食して使用できない、メーカーの思い違いがあった・・・など色々問題が起きるのが常です。


問題が出たときにはお客様と打ち合わせをして、了解を得てから工事を進めています。もしお客様から日程がずれてもよいので、きっちり対応して欲しいという場合もご希望に添って工事しておりますので、遠慮無くご相談ください。



さて、工事の続きです。


基礎に張ったタイル厚み約20mmを剥がさないとユニットバスが入りません。


d0165368_04063345.jpg

浴室の床を解体し、浴槽を取外してから土間を規定の高さで均し、解体終了となりました。

d0165368_04064489.jpg

窓下の土台が水漏れで腐食しているため部分的に取り替えます。

d0165368_04070898.jpg

防腐処理している土台で取り替えます。

d0165368_04072397.jpg

古い浴室の入口をユニットバスのドアが入るように、予め床と壁も工事しておきます。

d0165368_04073780.jpg

ユニットバスに合せて給水・給湯(混合水洗、シャワー、浴槽の張り込と追炊き)・排水(浴槽と洗場)の配管工事もしています。


d0165368_04074837.jpg

窓回りに腐食箇所があったので室内全体を防蟻・防腐剤を散布しました。

d0165368_04080226.jpg




それでは、また。


こちらのホームページには他の工事例をまとめてあります。

ホームページからも問い合わせできますよ。
市原でリフォームの見積・価格・費用のことならリニューアル工房シンテックス


リフォームのワンポイントアドバイスなら
リフォーム専門店 リニューアル工房 シンテックス 


直接メールでのお問い合わせは
taka4912@snow.plala.or.jp

電話、FAXでのお問い合わせは
TEL 0436-66-8737
FAX 0436-66-8690 (24時間受け付け)



私たちは微力ですが東日本大震災に遭われた方々を継続して応援していきます。

被災者の皆さん頑張れ! 世界が応援しています。 

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 市原情報へ

# by egao-s | 2017-05-12 09:03 | リフォーム | Comments(0)
2017年 05月 11日

浴室リフォーム ~ 浴室解体

タイル張りの浴室を解体する目的は、ユニットバスが入るスペースを確保することです。



工事前にメーカーと一緒に現場確認を行いで解体箇所を決めますが、ユニットバスが入るスペースを確保できれば、無理して解体する必要はありません。


今回は浴室サイズが約幅2.7×奥1.8mと大きく、これに合うユニットバスを入れるためほぼ全ての解体になりました。


さて、工事開始です。


樹脂パネルの天井を剥がして行きます。


d0165368_03593081.jpg

壁を解体して行くと窓回りに腐食箇所がでてきました。これは後ほど補修します。


d0165368_04013381.jpg

壁タイルを剥がしたところは木部が見えますが、これから下はコンクリート部分にタイルを張っている箇所です。

d0165368_04000519.jpg

浴槽回りを解体して浴槽を出す準備をしています。

d0165368_04002302.jpg

浴槽を取り出して外へ運び出します。ホーローの浴槽は重くて大変でした。

d0165368_04004034.jpg



それでは、また。


こちらのホームページには他の工事例をまとめてあります。

ホームページからも問い合わせできますよ。
市原でリフォームの見積・価格・費用のことならリニューアル工房シンテックス


リフォームのワンポイントアドバイスなら
リフォーム専門店 リニューアル工房 シンテックス 


直接メールでのお問い合わせは
taka4912@snow.plala.or.jp

電話、FAXでのお問い合わせは
TEL 0436-66-8737
FAX 0436-66-8690 (24時間受け付け)



私たちは微力ですが東日本大震災に遭われた方々を継続して応援していきます。

被災者の皆さん頑張れ! 世界が応援しています。 

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 市原情報へ

# by egao-s | 2017-05-11 09:30 | リフォーム | Comments(0)
2017年 05月 10日

浴室リフォーム ~ お悩みは

お客様宅は、サイズが約幅2.7×奥1.8mと大きいタイル張りの浴室です。


お伺いして、今の浴室に困っている事をお聞きしたところ、



 ・タイルにヒビが入っている。

 ・壁、天井、床の汚れが落ちなくて困っている。


d0165368_07250231.jpg

 ・ホーローの浴槽は冷めやすく追炊きが必要。


d0165368_07251317.jpg

 ・窓が大きくシャワーフックをちょうど良い位置に付けられなく不自由している。

 

d0165368_07253600.jpg

 ・冬場の浴室は寒い。

 ・・・・・・などでした。



浴室リフォームの場合ユニットバスへ取り替える、タイル張りで作り直すという2つの方法があります。


お客様はタイル張りがお好きだったので、当初タイル張り替え、浴槽入れ替えの他に窓取、入口ドア、混合水洗、鏡、収納棚、・・・・・などの取り替えと考えていきました。


しかし、ユニットバス取り替えとさほど金額的に変わらなく、より希望に近い浴室になったことから今回は、タイル張りからユニットバスの浴室へ取り替える工事になりました。



それでは、また。


こちらのホームページには他の工事例をまとめてあります。

ホームページからも問い合わせできますよ。
市原でリフォームの見積・価格・費用のことならリニューアル工房シンテックス


リフォームのワンポイントアドバイスなら
リフォーム専門店 リニューアル工房 シンテックス 


直接メールでのお問い合わせは
taka4912@snow.plala.or.jp

電話、FAXでのお問い合わせは
TEL 0436-66-8737
FAX 0436-66-8690 (24時間受け付け)



私たちは微力ですが東日本大震災に遭われた方々を継続して応援していきます。

被災者の皆さん頑張れ! 世界が応援しています。 

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 市原情報へ

# by egao-s | 2017-05-10 09:22 | リフォーム | Comments(0)
2017年 05月 07日

床工事 ~ リビング床と戸襖張り。

木材の床材をノコギリやカンナで切るのと違い樹脂製フロアタイルはカッターとカンナで簡単に切ることができます。またですから作業中の音も静かで埃もたちません。



また木材の床材は接着剤と釘で固定するため釘打ちの音が響きますが、フロアタイルでは接着剤のみで張り付けていくため、床材固定による音もありません。


お客様宅での工事中の状態もリフォーム工事の大切な選択要因の一つです。



リビング側も専用の接着剤を床に塗布して、フロアタイルを張っていきます。

d0165368_17283371.jpg


リビングとキッチンを通してフロアタイルを張ったので一体感が生まれ、部屋が広くそして明るく感じます。

d0165368_17285125.jpg


リビングも雰囲気が変わり明るくなりました。

d0165368_17290441.jpg


古くなって色あせた戸襖のリビング側に木目のシートを張っていきます。

d0165368_17292461.jpg

色あせる前のきれいな状態に仕上がりました。

d0165368_17293751.jpg

新しくなった床と戸襖にお客様はお喜びで、大変ご満足の様子でした。


今回の工事は、


 ・工事場所:千葉県市原市

 ・工事期間:2日間

 ・概略費用:約25万円


でした。



それでは、また。


こちらのホームページには他の工事例をまとめてあります。

ホームページからも問い合わせできますよ。
市原でリフォームの見積・価格・費用のことならリニューアル工房シンテックス


リフォームのワンポイントアドバイスなら
リフォーム専門店 リニューアル工房 シンテックス 


直接メールでのお問い合わせは
taka4912@snow.plala.or.jp

電話、FAXでのお問い合わせは
TEL 0436-66-8737
FAX 0436-66-8690 (24時間受け付け)



私たちは微力ですが東日本大震災に遭われた方々を継続して応援していきます。

被災者の皆さん頑張れ! 世界が応援しています。 

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 市原情報へ

# by egao-s | 2017-05-07 17:32 | リフォーム | Comments(0)